穴馬研究 なぜその馬が走ったのか 4回阪神9日目①

 

穴馬を研究すれば何か変わる

 

2017年10月1日 阪神7レース 500万下 芝1800m

 

 f:id:orufevuru:20170926001626p:plain

このレースは1着⑬トレジャートローブと3着⑱バスティーニが2強のレースと予想していて、穴で単勝329倍の⑫アンノートルを抑えていました。

 

⑫アンノートル 単勝329倍 

 

2戦目の中京2歳Sで3着になってから⑨⑭⑦⑮④⑩⑦⑨⑬着という馬でした。確かに着順をみれば積極的には買えません。しかし着差自体は負けても1秒程度。今回叩き2戦目で斤量は55kg→51kg。単勝が300倍を超えるような馬ではありません。軽い斤量で負け続けている馬ではなく今回が初めての軽斤量な点も好材料です。

 

上記2頭から3連複を総流し(1頭はずし)の馬券とアンノートルの複勝馬券を購入しました。複勝は47.1倍で結果大勝でしたが2頭軸に対して馬連なりワイドを購入しなかったのはめちゃめちゃ痛かったです。この判断が数十万、数百万取りこぼしています・・・。

f:id:orufevuru:20171003002808p:plain

f:id:orufevuru:20171003002838p:plain

 

 このようなオッズに巡り合えることはあまりありませんが、オッズに違和感を感じた時は全力で買いに行くそれが競馬で勝つ手段です。

 

 

 

 

プロフィール
id:orufevuru
馬ファンタジスタ

サラリーマン馬券師。過去3年のデータで回収率・複勝率から最もおいしい馬を導く過去3馬券を考案。 飲み代を捻出するため日々研究を重ねています。研究なくして的中なし! 六本木で飲んでいるのを見かけたら声をかけてくだい!とか調子のっちゃって。

##馬ファンタジスタ##をフォローする