早いペースで狙える馬について

今回の中山記念がハマりすぎて、ちょっと思うことがあったので、書いておきます(そんなの当たり前という方はすいません汗)

マルターズアポジーの早いペースに追走して垂れなかった馬は、今回のアエロリットのように、早い流れで強いのではないか?ということ。 

 

そこでマルターズアポジーのレースを遡り、そんな馬をピックアップしてみました。

1頭目

ウインガニオン

関屋記念2番手追走2着

12.4 - 11.1 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.1 - 11.0 - 12.2

元々中京記念の勝ち馬ですから能力は高いのでしょう。

しかし次走休み明けのマイルCSは中団待機を選択し17着。

まぁ外枠、テンが遅く6番手でした。

続く京都金杯はテンで10秒代を使い逃げるも4コーナーで失速。

自滅です。

 

2頭目

ロードヴァンドール

小倉大賞典2017

2番手追走4着

12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9

逃げたマルターズアポジーが1着したレースです。

しかし、さしてきた2着3着とは0.1秒差で最後1ハロンを粘っての4着には価値がありました。

次走金鯱賞でロードヴァンドールは逃げ、スローペースではありますが2着。

先行勢はこぞってバテたことを考えればこのレースはタフなレースだったのでしょう。

その後重賞で3着、2着と勝ち切ることは出来ませんが結果を残しています。

 

3頭目

ルグランフリソン

春風ステークス2016

2番手追走3着

12.3 - 11.5 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 11.3 - 11.6 - 12.0

早い流れを追走し粘って3着です。

今はオープンまで出世しましたが、ジワジワ成績を上げてきた為オッズ的な旨みはありません。

今後重賞に出走してきた時、極端なラップ予想で狙ってみるのもいいかもしれません。

 

このように、早いラップを追走し粘れた馬は出世傾向にあると思います。

ウインガニオンは今後極端にオッズを下げそうですから、2・3番手を追走できそうな時に狙ってみるのもありかもしれません。

また、ロードヴァンドールは次走の金鯱賞で7番人気と人気がありませんでした。

早くに気づいていればロードヴァンドールは買いの1頭だったのです。

 

私自身もこのタイプの馬をもう少し探してみたいと思います!

いい馬が見つかった時はここで話しますね!

 

ちなみに・・

マルターズアポジーが飛んだ時は追走していた馬は大体飛びます。

しかしマルターズアポジーを追走していたキタさんやクラウンはしっかり勝つんですね〜。

さすがG1馬!

 

 

プロフィール
id:orufevuru
馬ファンタジスタ

サラリーマン馬券師。過去3年のデータで回収率・複勝率から最もおいしい馬を導く過去3馬券を考案。 飲み代を捻出するため日々研究を重ねています。研究なくして的中なし! 六本木で飲んでいるのを見かけたら声をかけてくだい!とか調子のっちゃって。

##馬ファンタジスタ##をフォローする