俺はまだ先行馬を買い続けている
馬ファンタジスタのつぶやき
サラリーマンが複勝馬券で勝つ方法
単複のすすめ

堀憲行厩舎のダートで儲けるのは難しい?

堀厩舎は4年連続でダートの勝率が20%を超えている。(ワォ!)

何かうまそうな匂いがしないか?

 

 

f:id:orufevuru:20180511233339j:plain

転載元:ゆーすけ@競馬写真さん

(URL:https://twitter.com/yusukeKeiba?lang=ja

 

 

2018年ダートの出走馬は84頭 、そのうち18頭が1着した。

じつに勝率は21.4%

2017年22.3%

2016年25%

2015年21%と4年連続でダート戦の勝率が20%を超えている

 

5回に1回勝つなら単勝を買えばいい。

注意点は人気薄6人気~は21頭が走って7人のグランドバローズが2着しただけで残りの21頭は5着以下だった。

そこで1~5人気までの63頭を対象にみてみると単勝回収率は110.7%複勝回収率は90.9%となった。

外人だけでみると単勝回収率79.3%、複勝回収率79.6%

ダートの主戦騎手である石橋は単勝回収率44%と振るわず日本人で1番良かったのが8R中4勝した藤岡康太単勝回収率146.2%だった。

 

こうやってみると単複で勝負するのは難しい。

それでも1~5人気までの63頭中25頭が約4割連対するのだからすばらしい。

だから馬連で考えてみる。

1~5人気までの堀厩舎所属馬で相手は1~5人気までの4頭、つまり1レース4点で購入すると25200円の投資が28740円で戻ってきた計算になる。回収率は114%。

 

つまりだ。

堀厩舎のダート戦は連対することを前提に買えばおいしい

となる。

いや、なるか?俺にはわからない。

 

それではまた次回

BYE THANKYOU!